ヒエラルキーの基本操作&親子関係について

ここではヒエラルキーウィンドウでの基本操作と、ゲームオブジェクトの親子関係について説明します。


※この記事で使用しているUnityのバージョン:Unity2019.1

ヒエラルキーでのゲームオブジェクトの操作

ヒエラルキーではシーン上のゲームオブジェクトの作成・削除・複製などのほか、名前の変更や親子関係の変更などを行うことができます。主な操作は次の通りです。

オブジェクト名をダブルクリック 名前変更
アイコンをダブルクリック シーンの視点をそのオブジェクトの位置に移動
Ctrl+C オブジェクトのコピー
Ctrl+V オブジェクトのペースト
Ctrl+D オブジェクトの複製
Delete オブジェクトの削除
オブジェクトAを別のオブジェクトBにドラッグ&ドロップ オブジェクトAをオブジェクトBの子にする

※ヒエラルキーでゲームオブジェクトを削除してもCtrl+Zで元に戻せます。

ゲームオブジェクトの親子関係

さて、ヒエラルキーでとても重要なのがゲームオブジェクトの親子関係です。あるゲームオブジェクトAを別のゲームオブジェクトBの子に設定すると一体どうなるのでしょうか。

答えは「親のトランスフォームが子のトランスフォームの基準になる」です。下の動画をご覧ください。

オブジェクトの親子関係

この動画では大きいCubeが親で、そこにくっついている小さいCubeが子です。動かしているのは親のCubeですが、子のCubeも一緒に動いていますね。

このようにゲームオブジェクトが親子関係になると、子のトランスフォームは親のトランスフォームを基準にしたものとなります。なので例えば「プレイヤーに武器を持たせたい」といった場合は武器をプレイヤーキャラの子として設定すれば良いということになります。