ゲームオブジェクトの作り方

ここではUnityのゲームオブジェクトについてと、その作り方を説明します。


※この記事で使用しているUnityのバージョン:Unity2019.1

ゲームオブジェクトとは?

Unityでいうところのゲームオブジェクトとは、その名の通りゲームに登場する物体(オブジェクト)のことです。Unityではキャラクター・ステージの床・照明、さらには目に見えないゲームの裏方部分まで実に様々なモノをゲームオブジェクトとして扱います。

ゲームオブジェクトはそのままでは何の機能も持ちませんが、コンポーネントと呼ばれる機能を追加することによって色々な役割をこなせるようになります。

ゲームオブジェクトの作り方

ヒエラルキーの何もないところを右クリックすると、メニューの下半分に色々なゲームオブジェクトを作成できるメニューが表示されます。下はその一覧です。

  • 空のオブジェクトを作成
  • 3Dオブジェクト
  • 2Dオブジェクト
  • エフェクト
  • ライト
  • オーディオ
  • ビデオ
  • UI
  • カメラ

よく使うのは「空のオブジェクトを作成」「3D/2Dオブジェクト」「UI」あたりでしょう。

プリミティブの種類について

さて、ついでと言ってはなんですが3Dゲームを作るときに非常によく使う「3Dオブジェクト」の中のプリミティブ(基本図形)について簡単に説明しておきますね。

プリミティブは次の6種類があります。

  • キューブ(Cube)
  • スフィア(Sphere)
  • カプセル(Capsule)
  • シリンダー(Cylinder)
  • 平面(Plane)
  • クアッド(Quad)

キューブ(Cube)

キューブ

立方体です。同じ形のボックスコライダー(当たり判定)を持ちます。

スフィア(Sphere)

スフィア

球体です。同じ形のスフィアコライダーを持ちます。

カプセル(Capsule)

カプセル

カプセル状のオブジェクトです。同じ形のカプセルコライダーを持ちます。

シリンダー(Cylinder)

シリンダー

円柱状のオブジェクトです。こちらもカプセルコライダーを持ちます。

平面(Plane)

厚みがない板状のオブジェクトです。メッシュコライダーを持ちます。

クアッド(Quad)

平面とほぼ同じようなオブジェクトですが、こちらはメッシュ数が非常に少ないという特徴があります。