Unityエディタの画面について

ここではUnityエディタの画面の見方について説明します。


※この記事で使用しているUnityのバージョン:Unity2019.1

Unityエディタの画面の見方

Unityを起動すると下のような画面が表示されると思います(※下図のレイアウトは自分用に少し変更してあります)。ここでは最も基本的なウィンドウについて説明しますね。

Unityエディタの画面

上の画像の赤文字で示した部分は次のような名前が付いています(各ウィンドウの位置はレイアウトによって違う場合があります)。

  1. シーンビュー
  2. ゲームビュー
  3. コンソール
  4. ヒエラルキー
  5. プロジェクト
  6. インスペクター

では、それぞれの役割を見ていきましょう。

シーンビュー

今開いているシーン(キャラクターや地形などを配置する舞台のようなもの)が表示されます。

ゲームビュー

実際のゲームで表示される映像を映した画面です。ゲームを実行すると動きます。

コンソール

エラーや警告などの情報が随時表示されます。表示される情報は基本的に英語です。

ヒエラルキー

シーン内のゲームオブジェクトの一覧が階層状に表示されます。

プロジェクト

プロジェクト内のファイルやフォルダが表示されます。左右に分割されていて、左がフォルダの階層表示、右が選択中のフォルダの中身です。

インスペクター

選んだゲームオブジェクトやファイルの情報が表示されます。情報がどのように表示されるかは選択したものによって様々です。


ほかにも色々なウィンドウがありますが、最低限上の6つを覚えておけば何とかなると思います。他のウィンドウについては「よく使うウィンドウについて」をご覧ください。

Unityエディタのレイアウトの変更・保存方法

次にUnityエディタのレイアウトを変更したり、変更したレイアウトを保存したりする方法について説明します。

レイアウトの変更方法

エディタの右上にいくつかプルダウンメニューが並んでいると思います。一番右側の「Layout」をクリックして好きなレイアウトを選びましょう。

レイアウト選択ボタン

レイアウトの保存方法

先ほどのプルダウンメニューをクリックすると「レイアウトを保存」という項目があるので、それをクリックしてください。名前を付けて保存したら完了です。