よく使うウィンドウについて

Unityエディタの画面について」では、最も重要な6つのウィンドウについて説明しました。ここではそれ以外によく使うウィンドウについて紹介します。


※この記事で使用しているUnityのバージョン:Unity2019.1

Unityエディタでよく使うウィンドウ

Unityでよく使うウィンドウは次の6つです。

  • アニメーションウィンドウ
  • アニメーターウィンドウ
  • ライティングウィンドウ
  • ナビゲーションウィンドウ
  • アセットストア
  • パッケージマネージャ

アニメーションウィンドウ

アニメーションウィンドウ

アニメーションクリップ(=アニメーション情報が記録されたファイル)の確認や編集を行えるウィンドウです。といっても、図のように複雑なアニメーションはUnityのデフォルト機能ではとてもじゃないけど編集できません。あくまでも簡易的なものです。

メニューバーの「ウィンドウ」→「アニメーション」→「アニメーション」から開けます。

アニメーターウィンドウ

アニメーターウィンドウ

アニメータウィンドウは各アニメーション状態の遷移を作成できます。アニメーションの遷移というのは、例えば「待機」アニメーションから「歩く」アニメーションに切り替える…というような感じですね。これはその状態の遷移を編集するウィンドウになります。

こちらはアニメーションウィンドウとは違ってかなり本格的な機能が付いていて、複雑な状態遷移を行えたり、アニメーションをブレンドして滑らかにできたりします。使いこなすまでが少し難しいですが、使いこなせればとても便利です。

メニューバーの「ウィンドウ」→「アニメーション」→「アニメーター」から開けます。

ライティングウィンドウ

ライティングウィンドウ

このウィンドウではライティング(照明)全般の設定を行うことができます。空(Skybox)の変更などもここから行います。

メニューバーの「ウィンドウ」→「レンダリング」→「ライティング設定」から開けます。

ナビゲーションウィンドウ

ナビゲーションウィンドウ

Unityには強力なナビゲーション(=経路探索)機能が付いていて、このウィンドウでそのナビゲーションの設定を行うことができます。

メニューバーの「ウィンドウ」→「AI」→「ナビゲーション」から開けます。

アセットストア

アセットストアウィンドウ

アセット(=素材や追加機能などの総称)を購入したり、ダウンロードしてインポートしたりできます。

メニューバーの「ウィンドウ」→「アセットストア」から開けます。

パッケージマネージャ

パッケージマネージャ

パッケージ(=Unity公式の追加機能)のインストール等を行うことができます。

メニューバーの「ウィンドウ」→「パッケージマネージャ」から開けます。