ライトの種類について

ここではUnityのライト(照明)の種類について説明します。


※この記事で使用しているUnityのバージョン:Unity2019.1

ライトとは?

Unityにはシーンを照らす光源となるものがいくつかあります。ライトはそのうちの一つで、光源の中ではメインとなるものです。

例えば太陽や懐中電灯の光はライトを使って表現されます。

ライトの種類

ライトは全部で4種類あります。

  1. ディレクショナルライト(Directional Light)
  2. ポイントライト(Point Light)
  3. スポットライト(Spot Light)
  4. エリアライト(Area Light)

ここではそれぞれの違いを見ていきましょう。

なお公式マニュアルの「ライトの種類」の説明がとても分かりやすいので、そちらも併せて参照してください。また設定項目についても公式マニュアルの「Light インスペクター」を参照してください。

ディレクショナルライト(Directional Light)

ディレクショナルライトの例

無限遠から光を照らす様子を表現したライトで、シーン全体に均一に光が当たります(他のライトとは違い、光の減衰はありません)。太陽光などを表現するのに役立ちます。

ポイントライト(Point Light)

ポイントライトの例

ある一点から球状に光を放つライトです。電球などの光り方がこれに当たります。

スポットライト(Spot Light)

スポットライトの例

その名の通りスポットライトのような照らし方をするライトです。サーチライトや懐中電灯などの表現をしたいときに便利です。

エリアライト(Area Light)

エリアライトの例

エリアライトは「光る板」から発せられた光を表現できるライトです。ディスプレイ等の光り方がこれに当たります。

照らした見た目が他のライトよりも写実的になるのが特徴ですが、負荷がかかるため「静的な」ゲームオブジェクトに対してのみ適用される特殊なライトです。