タイルマップ(Tilemap)の作り方&使い方

ここではタイルマップ(Tilemap)の作り方や具体的な使い方について説明します。


※この記事で使用しているUnityのバージョン:Unity2019.1

タイルマップオブジェクトの作り方

はじめに、タイルマップを描くためには次の2つの準備が必要です。

  1. タイルパレットを設定する
  2. シーンにタイルマップオブジェクトを作る

タイルパレットの設定方法についてはリンク先ページを見ていただくとして、ここでは2番目のタイルマップオブジェクトの作り方を説明します。

といっても作り方は簡単で、ヒエラルキーで右クリック→「2Dオブジェクト」→「タイルマップ」を選択するだけです。そうすると下の図のようなゲームオブジェクトが作成されます。

タイルマップのゲームオブジェクト

これでタイルマップのゲームオブジェクトを用意することができました。

タイルマップにタイルを配置する方法

タイルマップの例

では、次にタイルマップにタイルを配置する方法を説明していきます。

タイルの塗り方

タイルマップに配置するタイルは「タイルパレットウィンドウ」(メニューバー→「ウィンドウ」→「2D」→「タイルパレット」)から選択し、タイルマップにペイントするように配置していけばOKです(下図)。

タイルの塗り方の例

(クリックで動画再生)

タイルマップ編集用のツールについて

ちなみに、タイルマップを編集するためのツールは全部で7種類あるのでそれらを紹介しておきましょう(下図)。

タイルマップ編集ツール

左から順に説明すると次のとおりです。

  1. 選択:タイルを選択し、インスペクターに表示する
  2. 移動:選択したタイルを移動する
  3. ブラシ:選択したタイルで1マス塗る。Shiftを押しながら選択すると消去
  4. 矩形:指定した範囲を選択したタイルで塗りつぶす。Shiftを押しながら選択すると消去
  5. スポイト:指定したマスのタイルを取得する
  6. 消しゴム:指定したマスのタイルを消去する
  7. 塗りつぶし:選択したタイルで一気に塗りつぶす

色々ありますがタイルを塗るときは「矩形」が一番便利なので、それだけ使えれば十分だと思います。