タイルマップ(Tilemap)について

ここではUnityのタイルマップ(Tilemap)の概要について説明します。


※この記事で使用しているUnityのバージョン:Unity2019.1

タイルマップ(Tilemap)とは?

タイルマップとは、一言でいえば「ステージの地形をタイル状に並べた画像で表現する方法」です。下の画像をご覧ください。

タイルマップの例

この例では地形は1枚のスプライト画像で表現されているのではなく、「正方形に分割したタイルのようなスプライト画像」をグリッド状に並べることによって表現されています。これは昔から2Dゲームで非常によく用いられてきた表現手法です。

Unityのタイルマップを使えば、このようなマップを簡単に実現することができます。

タイルマップ作成の流れ

では、ここでタイルマップを作るときの大まかな流れを紹介しておきます。

  1. タイルに使うスプライトをインポートする
  2. タイルパレットを作る
  3. タイルマップにタイルを描く
  4. タイルに当たり判定を設定する

手順1:タイルに使うスプライトをインポートする

まずはタイルに使うスプライトを用意する必要があります。適当なスプライトをインポートしておきましょう。

なお、一つのスプライト画像を複数に分割する場合はスプライトエディターを使う必要があります。スプライトエディターの使い方については「スプライトエディターの使い方」をご覧ください。

手順2:タイルパレットを作る

スプライトを用意したら、次はタイルパレット(Tile Palette)とよばれるタイル一覧のようなものを作成します。

タイルパレットの作り方や使い方は「タイルパレット(Tile Palette)の作り方&設定方法」をご覧ください。

手順3:タイルマップにタイルを配置する

タイルパレットを作ったらタイルマップオブジェクトをシーンに作成し、そこにタイルを配置していきます。

タイルマップの作り方については「タイルマップ(Tilemap)の作り方&使い方」をご覧ください。

手順4:タイルに当たり判定を設定する

最後に、必要ならタイルに当たり判定を設定します。ここでは「Tilemap Collider 2D」という特殊なコライダーを使用します。

詳しくは「タイルマップに当たり判定を追加する方法」をご覧ください。