プレハブの作り方・編集方法

ここではプレハブ(とプレハブバリアント)の作り方や編集方法について説明します。

※プレハブのインスタンスの作り方については「プレハブのインスタンスの作り方」をご覧ください。


※この記事で使用しているUnityのバージョン:Unity2019.1

プレハブの作り方

プレハブの作り方はとても簡単です。ヒエラルキーからプレハブ化したいゲームオブジェクトを選択し、プロジェクトウィンドウの適当なフォルダ(※一般的に「Prefabs」というフォルダを作っておくことが多いです)の中にドラッグ&ドロップするだけです。

たったこれだけでプレハブを作ることができました。

プレハブの編集方法

プレハブの編集方法についてですが、子を持たないプレハブの場合は普通のゲームオブジェクトと同様にインスペクターから直接編集することができます。

もしプレハブが子を持っている場合は、インスペクターからだと親のオブジェクトしか変更できないので、子まで編集したい場合はプレハブを開いて編集する必要があります。プレハブ編集画面は編集するプレハブをダブルクリックするか、クリックしてインスペクターの「プレハブを開く」ボタンから開くことができます。

プレハブ編集画面

ここでは値を変更するたびに自動的に保存され、逐一インスタンスに変更が反映されるようになっています。もし自動保存が嫌な場合は、シーンビューの右上にある「自動保存」のチェックマークを外すようにしてください。

プレハブバリアントの作り方

プレハブバリアントを作る場合は、プレハブのインスタンスを適当なフォルダにドラッグ&ドロップすればOKです。この場合、ドラッグ&ドロップしたときに確認ウィンドウが出るので、真ん中の「プレハブバリアント」を選択してください。

プレハブバリアント作成時の確認ウィンドウ