最新バージョンのUnityのインストール方法

Unity Hubを使って最新バージョンのUnityをインストールする方法を説明します。

Unity Hubから最新版のUnityをインストールする手順

  1. Unity Hubのインストール画面を開く
  2. インストールするUnityのバージョンを選択する
  3. 一緒にインストールするモジュールを選ぶ

Unity Hubのインストール画面を開く

Unity Hubを開き、インストール画面を開きます。画面には現在インストールされているUnityの一覧が表示されます。

Unity Hubのインストール画面

インストールするUnityのバージョンを選択する

最新版をインストールしたい場合は、「インストール」ボタンをクリックします。そうするとバージョン選択ウィンドウが出るので、インストールしたいUnityのバージョンを選択しましょう。

ちなみにバージョンの選び方についてですが、基本的に「最新の安定版」を選ぶのがベスト(上の画面だと上から3番目)。安定版は末尾に「f」がついているので、fがついているバージョンの中で一番新しいものを選べばOKです。

選択したら「次へ」をクリックしてしてください。

一緒にインストールするモジュールを選ぶ

最後にUnity本体と一緒にインストールするモジュールを選びます。Visual Studioという開発環境をインストールできたり、ビルド(=ゲームを実行可能なファイルにすること)用のモジュールを追加できたりします。ビルド用のモジュールは、選んだものよってゲームを実行できるプラットフォームが違ってきます。

モジュール選択ウィンドウ

よく分からない場合は、とりあえず

  • Windows Build Support
  • WebGL Build Support

の2つをインストールしておけばOKだと思います(必要になったら後で追加できます)。

ちなみにVisual Studioは非常に便利ですが、Unity Hubからインストールできるものはバージョンが古い場合があるので、公式サイトから別途ダウンロードしてインストールしたほうがいいかもしれません。

これで最新のUnityをインストールすることができました。