ゲームのビルド方法&ビルド設定(Build Settings)について

ここではUnityでゲームをビルドする方法と、ビルド設定(Build Settings)について説明します。


※この記事で使用しているUnityのバージョン:Unity2019.1

ビルドとは?

ビルド(Build)とは、ゲームのプロジェクトファイルを実際にゲームとして動くファイルに変換することです。Unityでは同じプロジェクトファイルをパソコン、スマホ、ゲーム機など様々な環境向けにビルドすることができてとても便利です。

ビルドのやり方

ゲームをビルドするには次の2つの方法があります。

  1. メニューバーの「ファイル」→「ビルド設定」からビルドの設定を確認・変更してビルド
  2. メニューバーの「ファイル」→「ビルドして実行」から直接ビルドし、ビルドしたゲームを実行

基本的にどちらの方法でも構いませんが、2番目の方法は現在の設定でいきなりビルドを行う方法なので、最初にビルドするときは1番目の方法でビルドしたほうが安全でしょう。

ビルド設定の設定項目

ではここでビルドの設定項目を確認しておきましょう。

ビルド設定(Build Settings)

ビルド設定では「シーンの登録」と「ビルドするプラットフォームの設定」を行います。

シーンの登録

まず、ビルド設定ウィンドウの上半分の枠には実際のゲームで使うシーンを登録します。プロジェクトビューからシーンをドラッグ&ドロップして必要なシーンの登録を行ってください(※実際のゲームではここにシーンを登録したシーンしか使えないので注意しましょう)。

シーンを登録すると下の画像のようにリスト表示され、上から順に0、1、2…というふうにインデックスが割り振られます。

シーンの登録例

ゲームを開始したときは一番上のシーン(インデックス0番)が表示されるので、タイトル画面などを登録しておくようにしましょう。

ビルドするプラットフォームの設定

次にビルド設定ウィンドウの下半分ではビルドするプラットフォームを選択します(右にUnityのアイコンがついている項目が現在のプラットフォームです)。

プラットフォームを切り替えたい場合は、左側のリストからプラットフォームを選択して「Switch Platform」ボタンをクリックします。そうするとプロジェクトファイルの変換が始まるのでしばらく待ちましょう。無事変換が終わるとビルドを行えるようになります。

なお、プラットフォームのリストには色々なプラットフォームが表示されていますが、実際に選べるのはUnityのインストール時に対応するモジュールを入れたプラットフォームだけです。今選択できないプラットフォーム向けにビルドしたくなった場合は、Unity Hubからモジュールを追加すれば選べるようになります。

WebGLでビルドするときの注意点

さて最後に、WebGL向けにビルドする場合は3つ注意点があるのでそれを説明します。WebGL向けにビルドすればブラウザ上でゲームを動かせるのでとても便利ですが、引っかかりやすいポイントが多いので注意してください。

まず、一つ目の注意点はWebGLでビルドする場合はエラーが出やすいということです。なのでプロジェクトを作ったら、ゲームができていなくてもいいのでまずビルドを行って正常にビルドできるかどうかを確認しましょう(※ゲームを作り込んだ段階でエラーが出ると大変です)。ちなみに、プロジェクトのファイルパスに日本語が含まれていたり、OSのユーザー名が日本語だったりするとビルドエラーが出る場合があるようです。

次に二つ目の注意点はWebGLのビルドはかなり時間がかかるということです。これはなぜかというと、C#スクリプトを高速なC++のプログラムに変換する作業を行うからです。「Building native binary with IL2CPP」という段階でプログレスバーがなかなか進まなくなって焦ると思いますが、それが普通なのでビルドが終わるまで気長に待ちましょう。

最後に三つ目の注意点は、WebGLのゲームは「ビルドして実行」しないとローカル環境で動作を確認できないという点です。ビルドしてできたファイルをブラウザで開いてみると、「セキュリティの関係で実行できません」的なことを言われてしまいます。なのでWebGLのゲームの動作確認を行う場合は「ビルドして実行」するか、実際にサーバーにアップロードして確認する必要があります。