アセットとパッケージについて

このページではUnityの「アセット」と「パッケージ」について説明します。

それぞれの実際のインポート方法は

をご覧ください。

アセット(Asset)について

Unityでいうところのアセット(Asset)とは、「ゲーム制作に使える素材・追加機能の総称」のことです。つまり一口にアセットと言っても、3Dモデル・BGM・プラグインなど中身は実に様々です。

アセットはUnityが運営している「Unity Asset Store」からダウンロードできるほか、たまにGitHubなどに転がっている場合もあります。配布形式については通常、Unity独自の形式である「.unitypackage」の状態で配布されます。

なおアセットを使う時はライセンスや説明書をよく読んでから使うようにしましょう。ほとんどは商用利用可能ですが、「ユニティちゃん」のようにライセンスがあるものも無いとは言い切れません。まあもっとも、その辺の情報は99%英語なので苦労しますけどね…。

パッケージ(Package)について

一方でUnityにはパッケージ(Package)と呼ばれるものもあります。こちらは「Unity公式の追加機能」のことで、すべてパッケージマネージャと呼ばれるウィンドウからインポートするのが特徴。とても手軽に機能を追加・削除できるのでかなり便利です。

インポートしたパッケージはアセットとは別のフォルダに格納されます。