アニメーションクリップ(Animation Clip)の編集方法

ここではアニメーションクリップ(Animation Clip)の編集方法について説明します。


※この記事で使用しているUnityのバージョン:Unity2019.1

アニメーションクリップ(Animation Clip)とは?

アニメーションクリップはアニメーションそのものを扱うファイルです。Unity内で新しく作成できるほか、3Dモデリングソフト等で作成したアニメーションを読み込むこともできます。

アニメーションクリップはUnity内で編集できますが、「Unityのアニメーション(Animation)について」で説明した「スケルタルアニメーション」の場合は非常に複雑なので、標準機能では編集がほぼ不可能です。したがって、Unity内では主に「スプライトアニメーション」の編集を行うことになるでしょう。

アニメーションクリップの編集方法

ではアニメーションクリップの編集方法について、具体的な例を通して説明していきます。今回は下のようなスプライトアニメーションを実際に作ってみましょう。

スプライトアニメーションの例

(※実際はもっと滑らかに動きます)

なおスプライト画像素材は次の画像を使います。

スプライト画像素材

インポートしたらスプライトエディタで切り分けて、各スプライトのピボットを「Bottom Center」にしておいてください。

完成までの手順は次の通りです。

  1. アニメーションウィンドウを表示する
  2. アニメーション対象のゲームオブジェクトを作る
  3. アニメーションクリップファイルを作る
  4. スプライトを登録する
  5. キーの間隔を調整する

手順1:アニメーションウィンドウを表示する

アニメーションクリップは「アニメーションウィンドウ」を使って編集しますので、まずはウィンドウが出ていない場合は開いておきましょう(ツールバー→「ウィンドウ」→「アニメーション」→「アニメーション」で開く)。すると「アニメーション可能なオブジェクトが選択されていません」と書かれたウィンドウが表示されるはずです。

Unityのアニメーションウィンドウ(1)

手順2:アニメーション対象のゲームオブジェクトを作る

次にアニメーションさせるゲームオブジェクトを作ります。用意したスプライトを1つ選んでシーンにドラッグ&ドロップしてください。

アニメーション対象のゲームオブジェクトの作成

手順3:アニメーションクリップファイルを作る

次に、手順2で作ったゲームオブジェクトを選択すると、アニメーションウィンドウに「○○をアニメーションさせるには、アニメーターとアニメーションクリップを作成します」と出るので「作成」ボタンをクリックします。

Unityのアニメーションウィンドウ(2)

そうすると「アニメーターコントローラー」(※)と「アニメーションクリップ」の2つのファイルが作成されてアニメーションを編集できるようになります(下図)。

Unityのアニメーションウィンドウ(3)

※アニメーターについては「アニメーターコントローラー(Animator Controller)の使い方」をご覧ください。

手順4:スプライトを登録する

そうしたらスプライトを登録していきます。アニメーションウィンドウのタイムライン(右半分の部分)に用意したスプライトを1つずつドラッグ&ドロップしましょう(下図)。

スプライトの登録例

なお、滑らかにアニメーションさせるために最初と最後のスプライトには同じものを登録してください。

手順5:キーの間隔を調整する

最後にキー(=1つ1つのコマ)の間隔を適当に調整して、アニメーションの速度を設定しましょう。これでスプライトアニメーションを作成することができました。


アニメーションウィンドウには他にも色々な機能があるので、詳しく知りたい方は公式マニュアルの「Animation ウインドウの利用法」などを参照してください。